室内バイク駐車場コラム

①コンテナは安心!?

バイクコンテナは比較的新しい商品である。安全性は、コンテナの仕様とセキュリティ次第であるが、不動産会社やコンテナ会社は安易に設置しているのが現状ですね

窃盗団からすれば、路上に放置してあるバイクや安易なロックのマンションや自宅の駐車場においてるのであるバイクは格好の獲物になります。車種が簡単に特定し、その車種がいくらで売れるのかは、簡単にわかってしまうのが怖いところです

 

そのような窃盗団の手下に狙われないようにとバイクコンテナがはやっているが、これもまた窃盗団からすれば、高級なバイクが保管されていることの目印にもなってしまいます。

当然ながら24時間監視、常駐管理人などがいれば別であるが、多くのバイクコンテナはコンテナに併設されていることが多い。コンテナが置ける場所の多くが治安のよくないもしくは人通りが少ない箇所に設置されてしまっています。

コンテナ自体が大きく死角できてしまうので、夜に人影のない状況でバイクが狙われてしまうということになってしまう。鍵は絶対に破れないことはなく、プロの窃盗団にかかればほぼどんな鍵でもほぼ突破できると思います。

 

最近では、4か所施錠できるバイクコンテナ等もあり、施錠箇所は多ければ多い方がいいです。ただ、1か所しか施錠できなかったり、そもそもバイクコンテナに不安があるような人が室内型バイク駐車場へと切り替える人が増えてきています。

 

人気のある室内型バイク駐車場は、24時間管理人が常駐するケース(稀です)と、地図などにバイク駐車場が特定されず、内見から申込者の属性をきちんと確認している室内バイク駐車場です。

どんな種類のバイクコンテナや室内型バイク駐車場、青空駐車場にしても目立たないこと、セキュリティがしっかりしているところを選ぶことが重要ではないでしょうか



コラム

①コンテナは安心!?
②段差が女性を苦しめる?!
③コンテナの建築確認は!?
④埼玉の室内型バイク駐車場を増やそう!
⑤ライダーズマンションは流行らない!?



バイク キャンペーン